相場の荒波にもまれて、リスク管理の重要性を体験。ローリスクで運用することが、ハイリターンを得る方法と確信。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
期待値を増やすには?

で紹介したように、勝率と期待値には大きな関係があります。

まず期待値の計算条件は、


期待値 = (A×B)+(C×-D)

A:勝つ確率
B:勝った時の平均利益額
C:負ける確率
D:負けた時の平均損失額


この中の、AとCの「勝つ確率」と「負ける確率」の関係は
勝つ確率が上がれば、負ける確率が下がる。


よって、期待値を上げるには、勝つ確率を上げればいいのですよ。


次に、BとDの「平均利益」と「平均損失」の関係は
直接関係ないんで、期待値を上げるには、

①:平均利益を増やす
②:平均損失を減らす。
③:①を②を両方やる。

ここまでは、前回までのおさらいとなります。


しかし、よく「勝率にこだわってはいけない」と言われますが、
なぜなんでしょう?


期待値を使って考えて見ましょう

ケース1
勝率60%で、平均利益が5,000円とします。そして平均損失も5,000円とすると


期待値 = (A×B)+(C×-D)
     = (0.6×5,000)+(0.4×-5,000)
     =1,000円
    
ケース2
勝率40%で、平均利益が7,000円、平均損失は3,000円とすると


期待値 = (A×B)+(C×-D)
     = (0.4×7,000)+(0.6×-3,000)
     =1,000円


ケース1とケース2 どちらも期待値は1,000円となりました。

では、どちらが良いかいうと

期待値は同じなので、どちらも結果同じ利益を得られます。
これは投資スタイルや手法によって変わってきます。


例えば

一般的には、勝率を上げると平均利益が下がる傾向にあります。
デイトレードなどで、すばやく利食いするなどのケースです。
しかし勝率を上げるのは、相場予想やそのときの感情などが影響して
常に60%以上の勝率を確保するのは難しいです。


スイングトレードなどの場合は、

勝率を上げることがデイトレードよりも難しいので、ケース2のように
1回の利益を多くして、損失を小さくする。
ことが利益を増やす方法となります。



このブログで毎朝紹介している方法も
ケース2の勝率を落としてでも、利益を伸ばして、損失を最小限に抑えます。
その結果は、  こちら  を見ていただければよく分かります。
勝率40%でも利益がでて、50%を超えるとかなりの大勝となります。



投資を始めるとどうしても勝率を気にしてしまいます。
勝率をあげるよりも、簡単にできる利益を多くして、損失を最小限に抑える
投資スタイルをもつと、負けトレードが続いても精神的に楽になります。

冷静に相場を見ながらトレードすることが常に必要ですし
精神的プレッシャーがかなり軽減します。


次からは、その練習方法について紹介します。





期待値を増やすには?    ◎


ランキング上位のブログも要チェック

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村




質問やご意見はいつもで募集中。
情報交換しましょう!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yapayapa.blog83.fc2.com/tb.php/184-792b10cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。