相場の荒波にもまれて、リスク管理の重要性を体験。ローリスクで運用することが、ハイリターンを得る方法と確信。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
為替ブログ

リスク管理 (特に レバレッジ管理、資金管理)
どの管理も重要ですが、特に勝ち相場の時、どうしても軽視してしまいます。

「今買えばもっと儲かる」、

「負ける気がしない」、

「投資って以外と簡単に儲かるな~」 ・・・

そして、奈落の底へ叩きつけられる現実 


この原因は、トレードしている人が
資金管理・レバレッジ管理

していることが要因のひとつです。

以下に当てはまる方は要注意です

 ・自分は意思が弱いと思う
 ・何をやっても三日坊主
 ・ついつい楽な方へ行ってします。
 ・あまり先のことを考えない

大多数の方は、ひとつは該当すると思います。
それ自体は気にする必要はありませんが、リスク管理には大敵です。

その解決策としてとても有効な方法を紹介します。
実際にやっている方法なので、ぜひ実践してみてください。

 
ズバリ解決策

生計を共にしている人に、監視役を頼む


私の場合は、奥さんに頼んでいます。
共通のお金を投資していることもありますが、なにより「当事者」「第三者」の両方の立場で冷静でない私に、ブレーキをかけてくれます。

チャックポイント

 ・毎月の損益(含み損益も重要)

 ・レバレッジの状態

 ・今後の戦略など

   長期投資の場合、○○まで下がったら、損切を検討している など


なんか会社みたくて、嫌だな~ 「自由にできる個人投資家なのに!!」
といった声が聞こえてきますが、自己責任が基本の投資です。

大損した時に、一人で責任を抱えない為にも、
ぜひ周りを巻き込んで、大切なお金を守りましょう!!

もう一度聞きます、「自分は意思が弱いと思いますか?」

「自制心が足りないときは、

   他の人に制してもらう」



 ランキング上位のブログも要チェック ⇒ 為替ブログランキング

ホームへ戻る
スポンサーサイト
為替ブログ

サブ口座は順調に増えているんですが、メイン口座がいまだにサブプライムローン問題と己の欲に負けていて、赤字続きです。

そんな中、エリオット波動理論の第5波で、ドル円 104円台の目標もあると思うと
正直相場が気になってしまい、夜も眠れなくなってしまいます。(ちゃんと寝てますが・・・)

そこで「安心できる投資金額」について考えましたが、

「相場を気にしないで、普通に生活ができる」

「予想に反して損した時、損を受け止められる」


やっぱり相場が気になって、私生活支障をきたすのは
長く投資を続けるには、とっても無理があります。

また、たとえ100万円あっても、1万円も損したくないのであれば、
1万ドルのポジションを持つことは、「不安な投資」となってしまいます。

冷静な判断が常に求められのが「投資」です。
まずは、デモトレード・1000通貨単位で、練習してからでも遅くはないですよ。

ランキング上位のブログも要チェック
為替ブログランキング




為替ブログ

低資金での投資方法は、いくつかあります。
その前に忘れちゃいけないことは
リターンを求めるには、リスクが必要

1000万円ある人が、10万円稼ぐのは簡単ですが、
10万円しかない人が、10万円稼ぐのはとっても大変ですよ。
資金を倍にするって、そう簡単ではないことを理解しましょうね。

10万円をレバレッジ100倍で投資すれば、レバレッジ1倍の1000万円の人と変わりませんが
どれだけ破産リスクがある、よーく考えましょう!!


①レバレッジを優先する。

 低レバレッジ(3倍)ぐらいでも、年利20%ぐらいは稼げるでしょう!
 20%ってことは、2万円ですが、安全第一ならこれがベストですね。

 メジャー通貨の場合
  ドル円・ユーロ円・豪ドル円などなど、とても10万円では、
 1万通貨は取引できません。
 その場合は、1000通貨単位で取引できる、FX業者を活用しましょう。
 
 例:外為どっとコム、ヒロセ通商(ミニ口座)


 マイナー通貨の場合
  ランド円(南アフリカ)などが有名。
  これなら1万通貨単位での取引が可能

  例:セントラル短資、外為どっとコム、ヒロセ通商

②リターン(利益)を優先する。
  この場合は、10万円で、NZ円を買えば、レバレッジ8倍ぐらいになり
 とってもハイリスクです。
  相場が暴落したら、簡単に10万円が破産します。

 つまりポジションをとるタイミングが、運命を分けます。
 始めたばかりでタイミングが分からない方にお勧めは

 暴落したら破産するなら、暴落後にポジションを取る

 TVや新聞で「円高」が騒ぎはじめたら、チャートで暴落具合を確認して、
 必ず底値ではなく、回復し始めてからポジションを持つ。
これならば、下がる可能性よりも、上がる可能性の方が高いです。

気をつける点は、「暴落の原因」です。
直接の原因が発生した国の通貨は避けるべきです。
(サブプライム問題の、アメリカがいい例です。)

この手法の一番の問題点は
「暴落まで我慢して待てるか?」
どうしても、早くポジションを持ちたくて、途中で買ってしまいます。
スワップを早く欲しいと思っても、暴落時の損失はその程度では埋められませんよ。

それよりも、暴落後の驚異的回復があれば、数年分のスワップ益に匹敵する
為替益で、10万円が20万に増えることもあります。
(実際に、先週NZ円1万ドル当たり、10万の利益でてましたよ)

とにかくハイリターンを狙うなら、リスクを極力なくす為に
ひたすら暴落を待つことです。

ランキング上位のブログも要チェック
為替ブログランキング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。